不動産取引上のリスクについて

工場用地売買契約の前に土壌調査が必要です

土壌汚染がもたらす不動産取引上のリスクには、以下の項目があります。

・売り手側のリスク
買手・第三者に対する損害賠償責任
資産価値・担保価値の低下
調査・対策費用の負担
売買機会の制限

・買い手側リスク
事業計画の見直しや中止
商品価値・担保価値の低下
調査・対策費用の負担(売主が瑕疵担保を負わない場合)
上記のような不動産取引上のリスクが伴う為、売買契約前に土壌洗浄費用の確定が必須となります。

  • 不動産売買契約を成立するには、売買契約前に土壌洗浄費用を確定しなければなりません。
  • 誰が土壌洗浄費用を支払うか? 追加費用が掛からないか? 
  • 法律により不動産取引をスムーズに成立させる為には、土壌調査や土壌洗浄工事が必要です。
  • どの企業に工場を任せると安心・安全なのか? そこが問題です。