土壌汚染がネックになっているケースを迅速に解決

適切な土壌汚染対策を施し、問題を先送りしない事が大事

老朽化した工場の移転、閉鎖、部分的な売却について土壌汚染がネックになっているケースが多くあります。
お客様からお伺いするお悩みとしては、以下の内容があります。
古くなった工場の土地を売却したいが、土壌汚染があるために買い取り手がつかない。

土地の売却価格に対して土壌汚染の対策費用が高すぎるので、結局何もできない。
費用をかけて土壌汚染を浄化しても売れるのだろうか?(希望通りの価格になるのかが不安)
何も出来ないまま時間が経ってしまうと、老朽化が深刻化するばかりではなく、汚染が敷地外へ流出したり、別の問題になってしまう場合もありますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

  • 汚染された不動産を購入します。
  • 建屋を解体します。
  • 土壌汚染調査・法に基づいた対策を施します。
  • 不動産再開発事業に着手します。